圧着ハガキ専門店

圧着ハガキ専門店

スキット株式会社で行っている事業の1つ、圧着ハガキの「日本一」を目指す印刷専門店です。
品質・納期・価格どこにも負けないナンバーワン企業を目指しております。

圧着ハガキ専門店は、ダイレクトメールを印刷後に表面加工(圧着加工)を入れた付加価値DMを制作している印刷通販専門店です。付加価値DMを商品として制作実績日本一を目指しております。ちなみに、「圧着DM」は「ハガキサイズ・封書サイズ・B5サイズ・A4サイズ・変形サイズ」などお客様のご希望とする仕上がりの大きさで制作ができ、仕上がりの大きさで呼び方も「圧着ハガキ・圧着封書・圧着B5・圧着A4」と呼ばれます。圧着方式も「フィルム圧着・UV圧着・ふち糊圧着」など様々な方法がございます。圧着DMの「ハガキサイズ」の、フィルムを使った「フィルム圧着」方式の説明をいたします。くっつけたい見開き面に特殊なフィルム(KDK製)を使う圧着方式を導入することで、圧着面にはグロス感を得ることができ高級感をお客様に訴求する事が可能となります。後ほど説明をさせて頂く不安定要素(UV圧着の湿度不安定)のない商品に仕上がります。「UVニス圧着」方式は、くっつけたい見開き面に特殊なニス(互応化学製)を印刷し、熱と圧力を加える事でくっつく技術です。圧着面は、フィルム式ほどではありませんが、グロス感も出てオールマイティーにダイレクトメール可能となりました。「UVニス圧着」では、化粧品・エステといった美容関係・宝石・時計・車といった高級品や金融商品の案などすべてのダイレクトメールに幅広く対応可能です。また梅雨時期などダイレクトメールが濡れた状態での開封には紙と一緒に中面の絵柄がめくれることもあります。データ制作にはそのような点にもご注意ください。「資料請求」からUVニス式の圧着ハガキのサンプルの送付も可能です。圧着ハガキの制作には、「宛名印字や宛名印刷・広告郵便の発送」も含めて、ご検討下さい。 「封書サイズやB5サイズやA4サイズ」では、「ふち糊圧着」方式を採用しております。仕上がる紙の端に水溶性の糊を使ってくっつける技術です。「ふちの圧着方式」は、自然な仕上がりにて制作する事が可能です。内容のボリュームにあわせて、封書サイズを×6P×8P×10P×12Pとページを追加していくことが容易に可能です。「A4サイズ」でも、ふち糊圧着を導入することで、コストパフォーマンスに優れた制作が可能となりました。内容のボリュームにあわせて、A4仕上の×4P×6P×8Pとページを追加する事が可能です。

また圧着ハガキ専門店のミッションは、完全内製化を目指しており、デザイン制作・印刷・表面加工(フィルム圧着・ふち糊圧着・UV圧着)・抜き加工・圧着加工・宛名印字(宛名ラベル貼り)・封入封緘・メール便発送代行(郵便局 ゆうめーる ヤマト運輸 クロネコDM便)・PP封筒(名入れ印刷可能)を通して「圧着DM」の品質・納期・価格どこにも負けないナンバーワン企業を目指して参ります。 印刷圧着加工後は、宛名印字も追加する事も可能です。テンプレートから、はがき・封書・A4サイズの直接印字・ラベル出力を選んでデータ入稿ください。印字には宛名の住所印字だけでなく、カスタマーバーコードや割引用バルク仕分けの作業も行う事も可能です。この場合事前承認が必要となりますので、当専門店のスタッフと打ち合わせをお願い致します。圧着DM専門店では、「PP封筒」という商品もございます。「PP封筒」は、紙の封筒よりも軽量でそして、大量に制作した場合に割安で制作ができるので、DMの発送時には透明封筒の中に紙資料を差し込んで数多くの企業で使われています。こちらの封筒には、無地の物から白打ちしたPP封筒に名入れ印刷も行って対応をしております。まだまだお客様のご要望以上にお応えするには、圧着ハガキ専門店スタッフの努力が必要ですが、圧着ハガキ専門のスタッフも日々努力して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。専門のスタッフが、お客様の問い合わせを心よりお待ちしております。