月別アーカイブ: 2012年5月

今では見れない光景

こんばんは。青木です。
今回は『貴重な体験』とのことで。
高校の頃、授業中に窓の方を見ていると
空に虹色の雲が浮かんでいたことです。
「彩雲」と呼ばれる現象だったようです。
彩雲(さいうん)は、太陽の近くを通りかかった雲が、緑や赤に彩られる現象である。
瑞雲、慶雲、景雲などともいう。
この現象は、日光が雲に含まれる水滴で回折し、その度合いが光の波長によって違うために生ずるもので、大気光象の1つである。
[参照:wikipedia]
授業どころではなく、みんなで窓の方まで行き、眺めていた記憶があります。
また見れるといいのですが。。

貴重な体験

こんばんは。
角本です。
ブログをリニューアルして一発目のテーマが『貴重な体験』ということで、ちょっと昔話をば・・・
かれこれもう16、7年前の話ですが、学生時代に部活動で確か福井県のオタイコヒルズなる場所へ京都から行ったことがあります。
合宿の合間にぶらぶらするのも良いかと思い、何かないかと調べたところ、『織田剣神社』なる神社がありまして、勇壮な名前につられて行ってみました。
するとよくよく聞くとそこいら辺は戦国武将織田信長で有名な織田氏の発祥の地ということではないですか!
地名もそのものずばり『織田町』でしたし。
特に何の期待もしていなかった地で歴史好きの血が騒ぐことになり、貴重というよりはむしろラッキーな出来事でした。
でも、
織田信長は『お”だ”のぶなが』ですが
織田町は『お”た”ちょう』と読むそうです。
ああ、なので”オタ”イコヒルズなのか。と当時は思いましたね。
ちなみにこの織田町、自治体の合併により越前町となり今では存在しません。
歴史好きとしては越前と聞くと朝倉氏のイメージが強いです。
織田町が消滅して越前町が存在するというのが織田氏によって滅ぼされた朝倉氏の復讐に感じられる今日このごろです。
以上、次は青木さんお願いします。